デザイングラフィック ホーム > つくりかた講座 > テクニック講座 > デジカメのコツ > デジカメの基本操作〜ズーム

つくりかた講座

  • デザイングラフィックでつくろう!!
    • 最新号
  • 操作マニュアル
  • テクニック講座
    • デザインのコツ
    • デジカメのコツ
    • 文章のコツ
  • 紙の辞典
  • モリサワFONT
    • 明朝体
    • ゴシック体
    • 筆書体
    • オリジナル書体
    • 丸ゴシック体
  • トレースサービス

プロに依頼する

オーダーデザイン プロに制作を依頼する

  • オコマリシリーズ
  • 封筒も、自分で作れる!
  • のぼり印刷できます
  • 1点から受付!オリジナルグッズ工房
  • [ボリュームディスカウント]同時注文がお得です!最大10%OFF

ソーシャルブックマークに追加

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をはてなブックマークに登録
  • この記事を Buzzurl に登録
  • この記事を livedoor クリップに登録
  • この記事を del.icio.us に登録
  • この記事をGoogleBookmark に追加
  • niftyクリップに追加
デザイングラフィック
ハガキや名刺といった印刷物をウェブ上で作成できるオンラインデザインツール。デザイン・レイアウトから印刷・発送の手続きまで、すべてホームページ上で完結できる革新的なサービスです。

デジカメのコツ

第3回 プロが教えるデジカメ撮影テクニック・商品編(3) デジカメの基本操作〜ズーム

ズームの操作

ほとんどのデジカメには、遠くのものを大きく写したり、フレームに入る範囲を調節できるズーム機能がついています。ズーム操作ボタン(ダイヤル)は、通常次のようなマークで示されています。

望遠
:Tまたは 望遠のマーク のマーク
広角
:Wまたは 広角のマーク のマーク

ズームを望遠にすると、被写体が大きく写り、つまり狭い範囲がフレームいっぱいに写ります。逆に広角にすると被写体は小さく写り、つまり広い範囲がフレームの中に収まることになります。

大きさだけでなく写り方も変わる

ズームは被写体の大きさや、写す範囲をコントロールできる便利な機能ですが、ここで注意しなければならないのは、ズームの設定によって、大きさや範囲だけでなく「写り方」も変わってしまうということです。これは商品撮影などをする場合にはとても重要なことなので、ぜひ理解しておきましょう。
そこで、試しに一つの商品を望遠と広角の両方で撮り比べてみます。1度目は少し離れた位置から望遠で撮ります。そして2度目はぐっと近づいて広角で撮ります。どちらも商品の大きさが同じくらいに写るようにズームボタンを調節してからシャッターを押します。その結果が下の写真です。

フラッシュ使用
遠くから望遠で撮影 望遠のマーク
フラッシュ不使用
近くから広角で撮影 広角のマーク

さてどうでしょう?遠くから望遠で撮影したほうは、見たままに近い形に写っているのに対して、近くから広角で撮影したほうは、まるで膨らんでいるように線が曲がって見えます。 この例からも分かるように、物の形をできるだけ正確に伝えるためには、少し離れた場所から望遠して撮るのがコツです。特に商品写真は、商品の姿を正しく伝えるために、このような撮り方をすることが基本です。
通常、光学ズーム3〜4倍程度が適当だと言われています。ほとんどのデジカメは、光学ズームが最大になると自動的にデジタルズームに切り替わり、さらに拡大が可能です。しかしデジタルズームでは画像が劣化してしまうので、商品撮影の際は使わないほうがいいでしょう。

商品の性格に合わせて撮り方を変える

「商品写真は、少し離れて望遠で撮る」。これは基本ですが、場合によっては基本にこだわらず、あえて逆の撮り方をするほうが良い結果を生むことがあります。下の例を見てみましょう。

マクロなし
遠くから望遠で撮影 望遠のマーク
マクロモード
近くから広角で撮影 広角のマーク

いかがですか?正確な形の表現という点では望遠が優れていますが、商品のダイナミックな迫力という点では広角に軍配が上がるでしょう。このようにインパクトやボリューム感を表現したい場合は、思いきって被写体に近づいて広角で撮影します。結果、この写真を見る人にとって、強く印象に残る商品になるかもしれません。その商品の性格や、見る人の印象も考慮して、ケースバイケースで撮り方を工夫しましょう。